現在のページ : トップページ

引き出物の贈り分け

結婚式に引き出物に頭を悩ませる夫婦も多く、それは品物もしかり参加者一律に同じ引き出物を贈ることに違和感のある人もいるのです。
そんな時のために引き出物を相手によって変えるという方法があります。
これですと立場の上の人にはそれ相当のもの、親友にはその相手の好きなもの、会社の人には当たり障りのないものとと分けることができます。


しかし、参加者が少人数であれば1人1人のことを考えて贈り分けできますが、人数が多い場合それを考えていくのは結構大変ですし時間もかかります。
コストもばかになりません。
1人1人引き出物も変えたいところですが、ある程度のグループ分けをすると少し時間が抑えられます。
親密度で分けてもいいですし、御祝儀の高い順でもいいですし、ある程度まとめられそうであれば、グループわけして、グループごとに引き出物を考えるのは手です。


単に御祝儀の金額で分けた場合には、おそらく引き出物も金額によって贈るものを変えたいという意思でしょうからその場合はカタログギフトを利用すると便利です。
値段ごと別にカタログギフトがありますし、はたからみてもそこに差があることは誰にも分かりません。


贈るものが決まっている場合には迷う必要もないので、グルーピングだけで十分です。
引き出物を贈り分けするときには注意が必要です。
それはやはり、分けられているということが、周囲に分からないようにしなければいけないということです。
そのための配慮が必要です。


※注目情報※
引き出物のギフトに良く選ばれているお米の通販サイトです ⇒⇒⇒ 引き出物 ギフト